2018年シーズン終了のお知らせ

平素より滋賀ユナイテッドベースボールクラブへの温かいご支援、ご声援を賜りまして、心より感謝申し上げます。

2018年シーズンは9月13日守山市民球場での試合をもちまして終了となりました。
2年目となる今シーズンは、昨年のドラフト会議で横浜DeNAベイスターズに指名を受け、見事支配下登録でのNPB入りを果たした山本祐大選手を筆頭に主力となっていた選手たちが移籍や引退などで抜けたこともあり、前期西地区5チーム中最下位、しかも4位との差は11ゲームというかなり苦しい立ち上がりとなりました。

しかし、松本 匡史監督と5月より就任した成本 年秀投手コーチの熱血指導の芽がで始めた後期、少しずつではありますが着実にいい場面が増えております。結果としては挽回間に合わず、最下位という不甲斐ない結果となってしまいましたが、今シーズンのチームスローガン「進化」という言葉の通り、来季に向けて兆しの見えたシーズンでもあったと感じております。

BCL今シーズン最年少選手(17歳)も所属しており、他チームよりも選手年齢が若い滋賀だからこそ地道な指導が必要になってまいります。
未熟な部分が多い反面、のびしろにも期待をし来季に向けての調整に注力していきたいと思っております。

下位低迷の苦しい戦いの中、会場にお運び頂きご声援をくださいました皆様、支えて下さいましたスポンサーの皆様、ならびに関係者の皆様には感謝してもし尽くせません。
応援してくださる皆様の為にも、スタッフ・選手ともども、より良いチーム作りを目指して精進してまいります。

また同時に今後も滋賀県初のプロ野球球団としての誇りを胸に「地域と地域の子どもたちのために」1人でも多くの方に応援していただけるような球団であり続けられるよう努めてまいります。

今シーズンも本当にありがとうございました。
2019シーズンも引き続きご声援ならびにご支援いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

株式会社 滋賀ユナイテッド
代表取締役 鈴木 信哉

ページの上部へ