大阪大谷大学 地域スポーツ発展プロジェクト

ルートインBCリーグ

「2017年度後期リーグ公式戦<滋賀ユナイテッドBC対富山GRNサンダーバーズ>」

開催に伴う大阪大谷大学地域スポーツ発展プロジェクトについて

ルートインBCリーグ公式戦において17年度に関西圏から初めて参入した滋賀県を本拠地とする球団・滋賀ユナイテッドBC 対 富山GRNサンダーバーズ戦において、大阪大谷大学の学生がスタジアムオペレーションボランティアスタッフとして来場者、球団が喜んでいただけるようキャラクターユナ丸で応援するイベント(ユナ娘、ユナ文字、ユナスタ応援)を企画・実施(※1)し公式戦のサポートを行なうと共に、来場者に対して個別面接方式で社会調査(意識調査)を実施し、そのデータ分析並びに提案を含めたプレゼンテーションを行ない、来年度以降の来場者数アップに向けた戦略立案や新たなスポーツ推進策の提案(※2)を行います。

※1 学生企画「ユナ丸応援イベント」:ユナ娘は熱心に応援しているファンから選び発表。ユナ文字は甲子園でのPL学園風の人文字応援を観戦ファンで実施。ユナスタ応援はレンタルのユニホーム着て熱くおしゃれに応援。イベントすべてが応援シーンの写真等をインスタやTwitterなどのSNSに投稿しつなぐもので新しい観戦モデルを構築します。

※2 過去に同大学(山内研究室)が行った来場者調査(富田林ドリームフェスティバル 2012・2013ウエスタン・リーグ公式戦)については、アンケートの分析結果を提言(「テーマ:旧バファローズ地元愛好家を呼び戻せ~河内のホームグランドづくりプラン~」など)としてまとめ、球団関係者や地元自治体、来場者さらには報道各社(朝日・読売・毎日・日経などに記事掲載)からも高く評価されています。

 

 

ページの上部へ